スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「憲法改正」で石破氏と保利氏が対立(産経新聞)

 自民党憲法改正推進本部(保利耕輔本部長)は13日、党独自の憲法改正原案について、今国会の会期内提出に向け作業を進める方針を確認した。ただ、石破茂政調会長が12日、憲法改正の手続きを定めた国民投票法が施行される18日に、改正原案を提出する考えを表明したことに対し、保利氏が反発。党の政策責任者と憲法改正の担当者が対立する異例の構図が浮き彫りになった。

 保利氏は会合で、「自民党が長い歴史を持って憲法改正を勉強したことを考えると、全項目を整えて国会に提出した方がよい。(18日ではなく)もう少し時間がほしい」と述べた。

 保利氏が改正原案の早期提出に慎重論を表明したのは、石破氏が財政健全化と憲法改正手続きに絞った改正原案を国会に提出する意向を表明したためだ。

 保利氏は、「さらに議論を深めるべき論点」として、前文の書き方▽天皇と元首▽国旗と国歌▽安全保障と9条▽一院制か二院制か▽地方分権と道州制▽憲法改正要件の緩和-の7項目を提示した。

 前文については、日本の国家としての理念や、目指すべき方向を明記していく考えを示した。9条関連では、平成17年に党が発表した新憲法草案の「自衛軍の保持」をそのまま盛り込むほか、「自衛権を守るための自衛軍」であることも明記する意向を表明した。

 会合では、夏の参院選マニフェスト(政権公約)への対応も話題となった。社会保障など全9項目にわたって盛り込まれたマニフェスト原案では、憲法改正が最後に掲載されていたため、森喜朗元首相が「盛り込む以上は1番目に書くべきだ」と見直しを求めた。

 保利氏は会合後、谷垣禎一総裁と今後の対応をめぐり協議。谷垣氏はその後の記者会見で、「まだいくつかの分野で難しい論点が残っているようだ。全体像を示すとなると、まだ時間がいるのかと思う」と述べ、保利氏に一定の理解を示したが、改正原案の取りまとめ方への言及はなかった。

【関連記事】
江田参院議長「憲法審査会規程制定、早急に検討を」
推進本部は会期内提出を確認 憲法改正原案で自民党
国民投票法の施行前に…清新な憲法をテコに保守団結を
政治は“片手間”谷亮子氏の現役続行宣言に「なめるな」の声
【鳩山政権考】法律も公約も認めぬ「民主」党
少子化を止めろ!

<普天間移設>鳩山首相「厳しい状況は分かっている」(毎日新聞)
<掘り出しニュース>ゴリラ研究科×狂言師が“異色”コラボ ゴリラ題材の新作狂言披露(毎日新聞)
<雑記帳>イカ、サバ原料に「お魚屋さんのギョーザ」…八戸(毎日新聞)
徳之島関係者と会談、平野長官12日に鹿児島へ(読売新聞)
南方熊楠の新発見書簡 4年かけ刊行 混迷の現代、思想先取り(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミスターたかのぶいしおか

Author:ミスターたかのぶいしおか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。